• 世界が一流と認めるドイツの黄金ルールを学ぶ90日間ヨーロピアンフラワーデザインプロ養成講座メール版

スイスのお花事情

ご無沙汰してしまいました。

ドイツトップフローリストの堀江です。
皆さまはどのような夏をお過ごしでしたか?

私は1週間ほどお休みを頂き
スイスへ行ってまいりました。

今日は
スイスの花事情とスイスのお花屋さんの
ご紹介をしたいと思います。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

一度は行きたいスイスの大自然

 

その前に

今回のスイスで私が行ったところは

グリンデルワルト
ツェルマット
ベルン

この3か所でした。

今回の旅の主な目的は
ハイキングでしたので
雄大で神々しい山々を
楽しむことが出来ました。

IMG_3438.JPG

 

IMG_3497-e1535881959857-1200x900.jpg

 

本当に美しい景色を堪能できます。
皆さんも是非機会がありましたら
訪れてみてください。

 

IMG_3522.JPG

 

この先の展望台は あまりの高さに
足がすくみました。

 

 

ヨーロッパのベランダに溢れる
お花たち

 

さて、そろそろお花の話をしたいと
思います。

ドイツ スイス オーストリア

この3か国はとても似ていて
ベランダいっぱいにお花を飾るのは
有名です。

グリンデルワルトの村も ベランダは
お花で溢れていました。

IMG_3431 (2).JPG

 

IMG_3432-e1535897143432-900x1200A.jpg

 

私が初めて渡独した際
このベランダの花々の豪華さ
美しさに感動したものです。

よく使用するのはゼラニウムです。

 

 

ゼラニウムもいろいろと種類がありますが
普通のゼラニウムは
上に伸びるため この画像のように
下に垂れ下がることはありません。

 

ベランダに好まれて使用されるゼラニウムは
アイビーゼラニウム

 

th0S18YD5W.jpg

普通のゼラニウムより 花びらが薄く
繊細な花で
アイビーのように 下に垂れ下がる姿は
とても優雅で美しいです。

 

IMG_3777-e1535898090277-900x1200A.jpg

 

グリンデルワルトもツェルマットも
ベランダがゼラニウム一杯なのは
同じです。

 

マクドナルドも何て可愛らしいのだろう!!

IMG_3770.JPG

IMG_3775-e1535899177885-900x1200A.jpg

 

ドイツの家も夏になると
ベランダをお花でいっぱいにしている
家が多く
特にロマンティック街道沿いの
家々のお花の美しさは
なんとも言えません。

昔、ドイツで物件を探す際

「角部屋はお金がかかるからやめた方がいい」

と聞いたことがあります。

 

「なぜ?」

と聞くと

「お金がかかるから」

 

ベランダは家によって違いますが
一部のアパートでは
景観のため
住人各々が好きなお花を勝手に植えるのは
ダメで 全員揃えなければならない。

というところもあるらしいです。

そういう場所は

「お花を飾らない」

という選択肢はないのです。

ちなみに
アイビーゼラニウムは 毎年冬になると枯れ
春に毎年新しいものを買うのかと思っていたら

気温が低くなるとゼラニウムは家の中に入れ
春になるとまた外に出す

 

と聞きました。

っていうことは
毎年買わなければならないわけでは
ないのですね。

 

 

 

では スイスのお花屋さんを
ご紹介します。

スイスのお花屋さん

 

 

インターラーケン編

 

私は最初に泊まった村
グリンデルワルトは
小さすぎて
お花屋さんはありませんでしたが

 

そこから
電車で30分ほど走った
インターラーケンのいう場所に
お花屋さんがありました

IMG_3548.JPG

田舎のお花屋さんなのに
ディスプレイがとっても都会的でした!!

 

IMG_3548 - コピー.JPG

 

 

ツェルマット編

 

次はツェルマットのお花屋さんです。

ツェルマットも山の麓の村ですが
グリンデルワルトよりも
だいぶ大きくて、少し都会的な場所です。

お花屋さんも何件かありました。

 

IMG_3583.JPG

IMG_3584-e1536029954486-900x1200A.jpg

スイスのお花屋さんは
田舎のお花屋さんであっても
ディスプレイが綺麗だなぁ

と感じました。

植物を美しく見せる
器も本当にオシャレ。

IMG_3584 (2).JPG

 

お店のディスプレイに重要なのが
高低差を出すことです。

植物だけで高低差が出せなければ
高い器を使用して高低差を出すのも
一つの選択肢です。

 

同じ高さのものばかりのディスプレイは
単調に感じます。

 

 

ベルン編

 

ではここからはベルンの
お花屋さんの写真を
ご紹介します。

ベルンはスイスの首都です。

ベルンのお花屋さんは
益々 洗練されている感が。。。

IMG_3896-e1536044384297-1200x900.jpg

 

リースやキャンドルなど
このお店のオリジナル商品が
たくさん並んでいました

 

そのオリジナル商品も洗練されて
いました。

 

IMG_3897-e1536044556683-900x1200.jpg

こちらは貝を使用したリース

 

IMG_3898-e1536044645962-900x1200.jpg

 

私がいたドイツでも
夏になるとアレンジに貝殻等の
季節を感じられるものを入れていました。

 

 

IMG_3899-e1536044661833-900x1200.jpg

こちらは貝がらで作ったリース付きの
キャンドルスタンド

このガラスの中にキャンドルを入れて
ヨーロッパの人は
食事を楽しみます。

自分たちの庭にキャンドルを
ともしながら
何時間も食事しながら
会話を楽しむのが
ヨーロッパ流です。

 

 

IMG_3900-e1536044677764-900x1200.jpg

貝殻とシルバーグリーンの
ドライ素材が入ってました。

IMG_3901-e1536044697762-900x1200.jpg

 

ピンクバージョンも。

 

 

IMG_3902-e1536044721676-900x1200.jpg

 

そしてこんなハート形の
可愛らしいキャンドルもありました。

こういうものに
ヨーロッパの人は日本人よりも
お金を出します。

価値観の違いだと思いますが
ヨーロッパの人は
洋服やバックにお金をあまり
かけませんが

インテリア。
自分の過ごす空間には
ものすごく拘ります。

なのでお花やインテリア雑貨は
買う人が多い

というのが私の感じた印象です。

 

スイスのお花屋さんはディスプレイが
とってもおしゃれ!!

 

IMG_3925-e1536047694133-900x1200.jpg

 

このベルンのお花屋さんは
お店の中もとっても素敵でした

IMG_3939-e1536048511920-900x1200.jpg

ヨーロッパには
フラワーキーパーというものは
ないので、このように 店内にお花が
飾られています。

 

 

IMG_3938-e1536048490257-900x1200.jpg

 

お花が入っている花器が
重厚で高そうなものばかりで
ビックリです!!

この器も買うことが出来て
日本円で15万円くらいしていました。

こちらのマダム風の女性が
花をどかして 器をよく見せてもらい
購入してました

 

IMG_3935-e1536047909564-900x1200.jpg

 

スイスは世界一物価が高いと言われている
国で何もかも高いです。

駅の売店で売っている 水 500㎖は
400円もするし
マクドナルドのメニューは1800円くらいです。

当然花もビックリするくらい高かったです。
IMG_3934-e1536047856303-900x1200.jpg

このミニブーケは一束 2900円くらい

良く見ると コスモスが2本くらいと
野の花風の小花が 3本くらい
入っているだけなんですよね。

 

本当に高い!!

 

 

IMG_3926-e1536047715667-900x1200.jpg

こちらは姫リンゴで作成した
リース。

こんな感じはドイツのお花屋さんにも
よく並んでいました。

そして面白いと思ったのがこちら

IMG_3936-e1536048447751-900x1200.jpg

赤ちゃんの可愛い靴で作ったリース。

こういうアイディアはヨーロッパ人っぽい!

こういうリースは
赤ちゃんが生まれた時にあげたりします。

もらった人はしばらくリースのままで
楽しんだ後、子供がこの靴を履けるくらいに
成長したら解体し
子供にこの靴を履かせます。

リースとして楽しみ
子供に靴を履かせて楽しみ

2倍楽しいみたいな!

 

こういうアイディアが向こうの人は
大好きで 私がドイツにいた時も
いろいろな赤ちゃんグッズで
花束を作ったりしました。

そしてこんなリースも

IMG_3931-e1536047793326-900x1200.jpg

 

お菓子で作ったリースです。
IMG_3932-e1536047816959-900x1200.jpg

たぶんチョコレートかな?

 

 

IMG_3930-e1536047779842-900x1200.jpg

 

飾ってあった花束は すごくナチュラル。
ナチュラルな組み合わせが
スイスの人には人気なのかもしれません。

ドライフラワーも人気みたいで
ドライのミニブーケも
たくさん売ってました。

IMG_3928-e1536047757446-900x1200.jpg

 

まだまだ たくさんのお花屋さんを
めぐりましたが
キリがないのでそろそろ終わりにします。

スイスのお花屋さん、
楽しんで頂けたでしょうか?

 

IMG_3903-e1536044769292-900x1200.jpg

 

では また。