• 世界が一流と認めるドイツの黄金ルールを学ぶ90日間ヨーロピアンフラワーデザインプロ養成講座メール版

洗練されたグリーンブーケのポイント

こんにちは。
ドイツトップフローリストアカデミー
の堀江です。

毎日暑い日が続いてますね

 

 

さて、こんな夏の暑い日
今日のテーマは涼しげに見える

グリーンをメインとしたブーケです。

IMG_E2822.JPG

このブーケは今の季節には

涼しげに見えるので
ピッタリです。

ですが!!

色彩のコントラストがあまりないので
ぼんやりしてしまったり
単調になってしまいます。

そこで!!

どのようにしたら
カッコいい
デザイン性のある
今風の
ブーケになるのか

を本日は4つのポイントの中の
1つを皆さんにお伝えしたいと思います。

まず、こちらの2つのブーケを
見比べてください。

 

こちら作品Aです

_ND20264.JPG

 

そして作品B

20170722 (3).JPG

 

この作品Aと作品B

二つの作品を見比べて
どちらが綺麗なアレンジだと思いますか?

作品B ですよね!!

(作品Aと答えた人がいないことを願います笑)

では次に

なぜ作品Aは単調で
作品Bの方が素敵なのか

考えてみましょう!!

 

 

 

考えられましたか?

4つ以上原因を上げられた方は
おめでとうございます!!
あなたはドイツ理論を
しっかり学び 理解してますね!!

大きさのコントラスト
面積コントラスト

では作品Aに大きさのコントラストがあるか
見てみましょう。

 

_ND20264.JPG

 

こちらの花はグリーンのバラや
グリーンのトルコ桔梗が中心に
使われていて
大きさのコントラストがなく
単調な仕上がりになってます。

では作品Bは?

20170722 (3).JPG

作品Bは様々な大きさのお花が入ってますよね!!

 

色彩を抑えたブーケでは
メリハリ感がなくなり
ぼんやりしてしまうので

大きな花 小さな花をうまく
組み合わせて面積コントラストを
利用しましょう。

小さな花を固めて面積を広く
取るのも効果的です。

たとえば作品Bのアジサイが
そうです。

 

アジサイは小さな花の集合体で
集合することによって
面積が多く取られるのです。

では面積コントラストの
効果を見てみましょう

201807グリーンブーケ 面積コントラスト (2).jpg

同じ幅のストライプの柄です。
色彩の違いもなく
面積もすべて一緒だと
本当に単調で
退屈感が出てしまいます。

一方こちらは

201807グリーンブーケ 面積コントラスト (3).jpg

色彩は変えずに 面積を変えるだけで
印象がだいぶ変わりますよね

この法則は花束になってもいっしょです。

大きさのコントラストを取り入れる

プラス

花をグルーピングすることにより
面積コントラストを作り出す

 

この2つのコントラストで
色彩は一つしか取り入れていなくても
メリハリ感のあるブーケに
なります!!

大小ことなる花を使って
グルーピングを使用して
面積を変える

 

これだけ知っているだけでも
大きいと思います。

さて、残りの3つも知りたい方には
セミナーでお伝えしたいと思います

花業界の派遣会社
ダイバーシティさんとの提携で
セミナーを開催しております。

7月30日 東京都港区内のセミナールームで
13時半から16時半までのレッスンです。

詳しくはこちらから

http://kadoujuku.com/

 

1日だけの参加も可能です。

 

堀江の紹介と記入頂けると
花材費込みの9000円で
お申込み頂けると思います。

では暑い夏をしっかり乗り切っていきましょう!!