• 世界が一流と認めるドイツの黄金ルールを学ぶ90日間ヨーロピアンフラワーデザインプロ養成講座メール版

フォーマルリニアールとアールヌーヴォー

こんにちは。ヨーロピアンフラワーデザイン・
プロ養成塾の堀江です。

本日は定休日。
定休日の火曜日は
日本フラワーデザイン専門学校で
講師をさせて頂いております。

私の受け持つ授業は
ヨーロピアンフラワーデザイン概論
ヨーロピアンフラワーデザイン実技

この2つ。

ドイツ理論を軸に
ヨーロピアンフラワーデザインを
学生たちに教えております。

今日のテーマはフォーマルリニアールでした。

フォーマルリニアールというデザインは

19世紀から20世紀初めにかけ、
アールヌーヴォーの影響を受け
ヨーロッパで流行したデザインです

フォーマルリニアールのポイントは
下記の2つ

●緊張感のある形の線の組み合わせ
●使用する花材の種類を最小限に抑える

16-06-07-21-33-30-316_deco
こちらは生徒さんYさんの作品です。

花は胡蝶蘭とビバーナムのみ。

そしてグリーンは谷渡りで曲線を付け
フトイで直線を表現しました。

このように
ライン(線)を生かし
形(花)とのコントラストを出す

これがフォーマルリニアールのポイントです。

こちらのイラストを見てみましょう
16-06-02-14-50-57-377_deco

この直線と曲線、
そしてアリアムの丸い形の組み合わせが
美しいデザインです。

16-06-02-14-50-11-190_deco

 

 

 

16-06-02-14-51-34-546_deco - コピー

フォーマルリニアールは曲線や
植物のある形を強調することにより
創り出すデザインなので
数が少なくなれば少なくなるほど
効果的なデザインになります。

形、線、量
が大事なフォーマルリニアールを
まとめてみると

 

球体、立方体などの
立体的な形だけでなく、
葉の面など平面的な要素も
形と
して認識され、
これらの形は一般的には

表現するものです。
ここに躍動感あふれる線を
加えることが 
効果的な花材の 
組み合わせです。

 

力強いはっきりした線は、
動きのある不安定な感じの
曲線との対比により

その姿が強調されます。

を多く使いすぎると
1本1本の印象が薄くなり、
多くの形を取り入れると

一つ一つの形の印象が薄くなる。

美しい植物の曲線を表現したデザイン。
このデザインの流行の時代背景も
是非一緒に学んで頂きたい項目です。

明日はア-ルヌーヴォーからどのように
影響を受けてきたのか?

を説明します。
楽しみにしていてくださいね!!