• 世界が一流と認めるドイツの黄金ルールを学ぶ90日間ヨーロピアンフラワーデザインプロ養成講座メール版

エレガントでゴージャスなシンメトリー

こんにちは。
ドイツトップフローリストアカデミーの
堀江です。

今日はシンメトリーのお話しをしたい
と思います。

 

20131223%e5%ae%89%e8%97%a4%e3%81%95%e3%81%be

 

私は毎日作成するアレンジの
大部分はアシンメトリーで
作成しています。

しかし、用途によっては
シンメトリーで作成することも。

シンメトリーとアシンメトリー

この二つには大きな違いがあります。

シンメトリーで作成するのか
アシンメトリーで作成するのかで
全く雰囲気が変わってきます。

シンメトリーのアレンジの
特徴は

優しい
優雅
エレガント
可愛らしい
クラシカル

アシンメトリーの特徴は

モダン
シャープ
動きのある
生き生きした
緊張感のある
メリハリのある

例えばエレガントなアレンジを
作りたいなら

絶対シンメトリーがお勧めです。

私は以前はシンメトリーで作成する際も
形のコントラストを入れていました。

どういうことかと言うと

様々な形を持つ花を入れていたのです。

例えば 丸い花や角のあるユリのような花
直線のようなラインを持つ花 

本当に様々な形を。

ある時思ったのが
形のコントラストラストを入れすぎると
シャープさが中途半端に出てしまうということ

シンメトリーの特徴は
優しい
優雅
エレガント

形のコントラストは出さず
大きさのコントラストや
重さと軽さのコントラストを出す方が
シンメトリーが持つ個性
優しさやエレガントさが
シンプルに出るのではないか?

20161223%e5%ae%89%e8%97%a4%e3%81%95%e3%81%be

 

最近はシンメトリーに形のコントラストは
入れずに作成することが多いです。

その方がシンメトリーらしさ
を引き立てられるような気がします。

こちらのアレンジはバラとトルコキキョウで
作成した、とてもエレガントなアレンジです。

丸い花ばかりですが
スプレー薔薇をいれたり
軽く見える利休草を取り入れたり
形以外でコントラストを取り入れてます。

皆さんも一度シンメトリーで
形のコントラストを入れる方法と
入れない方法
一度両方を試してみてくださいね!!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
プチ復習

アレンジを作成する場合
下記のコントラストを気を付けましょう

●形のコントラスト
  様々な形のお花を取り入れる

●大きさのコントラスト
  様々な大きさのお花を取り入れる

●重さと軽さのコントラスト
 重たく見える花、軽く見える花を取り入れる

●テクスチャーのコントラスト
 ツルツルした表面素材とザラザラした表面素材
 共に取り入れる