• 世界が一流と認めるドイツの黄金ルールを学ぶ90日間ヨーロピアンフラワーデザインプロ養成講座メール版

ア-ルヌーヴォーからのインスピレーション

こんにちは。
花匠美の堀江です。

本日は以前ご紹介した
フォーマルリニアールに
多くの影響を及ぼした
アールヌーヴォーのご紹介をさせて
頂きます。

フォーマルリニアールはこちらから

http://hanatakumi.net/tech/hanatakumi-396.html

アールヌーヴォーとは

アール・ヌーヴォー(フランス語: Art Nouveau)は、
19世紀末から20世紀初頭に
かけてヨーロッパを中心に
開花した国際的な美術運動。
「新しい芸術」を意味する。
花や植物などの有機的な
モチーフや自由曲線の
組み合わせによる従来の様式に
囚われない装飾性や、
鉄やガラスといった当時の新素材の
利用などが特徴。
分野としては建築、
工芸品、グラフィックデザインなど
多岐に亘った。

 

アールヌーヴォーは様々な分野の
芸術家たちにインスピレーションを
与え、作品に影響させました。

 

アールヌーヴォーの特徴は
自由曲線です。

それがどのように当時の
芸術家たちに影響を与えて
きたのか、見てみましょう!!

まずこちら家具です。

img_3[1]

曲線が本当に優美ですね!!

そしてこちら

エミール ガレ

エミール ガレ のランプです。

花や植物などの有機的な
モチーフや自由曲線の
組み合わせによるデザインが
アールヌーヴォーの典型です。

アルフォンス・ミュシャ

アルフォンス・マリア・ミュシャは、
アールヌーヴォーを代表する
グラフィックデザイナーです。

モデルの女性など
描く対象の個性や
特徴を的確に掴み、
草花をモチーフとした
幾何的な文様や、
曲線を多用した
画面構成が典型的な
アール・ヌーヴォー様式です。

アールヌーヴォーといえば
アントニ ガウディ―ですよね。

o0450060012115010965[1]

カサ バトリョ

Barcelonaのグラシア通りに
面したアパルトメント式の建物。
ガウディが得意とする
曲線的なデザインが特徴的であり、
壁にはステンドグラスが
無数にはめ込まれている。

Palau_Güell_17-05-2009_12-26-16

 

Palau Güell(パラウ・グエイ)は、
ガウディの初期の傑作です。

20130815085751[1]

まず最初に目に入る
正面ファザードは
二つの大きな放物線アーチ。
その大扉は正に圧巻です。

アールヌーヴォ―の
自由曲線の世界は
いかがでしたか?

 

 

当時のフラワーデザイナーが
どのように
植物の蔦や枝
様々な花材で作り上げる
曲線が特徴の
フォーマルリニアールを
創り上げたのか?

どの様にアールヌーヴォーの
影響を受けたのか想像できますよね。

このように時代の流行から
インスピレーションを受け
新たなデザインを作り上げる
ことの可能性、理解できましたよね。

皆さんはアールヌーヴォーの
芸術品からどんな
インスピレーションを感じましたか?