• 世界が一流と認めるドイツの黄金ルールを学ぶ90日間ヨーロピアンフラワーデザインプロ養成講座メール版

オリジナルデザインには〇〇〇〇を入れよう!!

こんにちは。

ドイツトップフローリストアカデミーの
堀江です。

昨日は新しい元号も発表され
季節的にも気分一新!!

 

新しい事を始めたくなる時期ですね。

新しい令和の時代を迎える前に
スキルアップセミナーに参加してみませんか?

4月26日 27日のセミナーですが
またお申込み出来ます。

ご興味のある方は こちら

https://hanatakumi.net/dtfa-8

 

さて、本日のテーマに入りたいと思います。

 

 

オリジナルデザイン

いい響きですよね!!

 

私もお花を始めた頃はそうでしたが

「いつかは私もオリジナルデザインを!!」

 

と夢見ている人も多いでしょう。

 

では本題です

オリジナルデザインには異質素材を
上手く使おう!!

 

 

異質素材とは
通常私たちが使用しているような
フレッシュの花材とは違うもの

大きく分けて2つのグループがあります。

 

 

●植物性の異質素材

●植物以外の異質素材

 

植物性の異質素材
乾燥素材 ドライのもの
漂白素材など

 

植物以外の異質素材
鉄やプラスチック
紙など人間が加工して作ったものです

 

今日は植物性の素材に焦点をあてて
いきましょう。

 

漂白素材はご存知ですか?

 

木など 植物性の素材を
漂白することにより
白くしたものです

ミツマタの漂白素材はご存知の
方も多いと思います。

 

ミツマタ漂白素材

 

普通は茶色の木が
ここまで綺麗な木になってしまうのです。

私たちの意識の中には

木は茶色である

という固定観念があるので

木が白いだけで

「何か一味違う!!」

と思うのです!!

 

だから漂白素材を使うだけで
ちょっと違うデザインに見えるのです。

 

では今日は漂白素材 ミツマタを
使用した生徒さんの作品を
ご紹介します。

 

ミツマタのフラワーアレンジメント

ちょっと個性的なデザインになりますよね

 

 

これをもっと個性的にすることも出来ます。

漂白素材は、白い素材なのでどんな色にも
染めることができます。

 

 

この白い漂白素材をペンキなどで
色を付けるともっと個性的に
オリジナルデザインらしくなりますよ。

 

ミツマタのカッコいいフラワーアレンジメント

 

黄色と青の補色なので
シャープのインパクトのある作品に
なりました。

 

斬新なフラワーアレンジメント

異質素材でオリジナルデザイン。

是非皆さんも試してみてくださいね!!