• 世界が一流と認めるドイツの黄金ルールを学ぶ90日間ヨーロピアンフラワーデザインプロ養成講座メール版

直線にするか曲線にするかで作品のイメージが変わる

こんにちは。
理論で技を習得する
ドイツトップフローリストアカデミーの堀江です

今日は線の種類のお話をしたいと思います。

個性的なシャープなデザインに
したければ線を使おう!!

シャープなデザインにしようと思ったら
線を使う方法がある

という話を私はよくしますので
何度も聞いている人も
多いかもしれません。

知らない方のために
少しだけご紹介しますね!!

 

 

上の画像は線が入っていないので
優しい可愛らしいアレンジに仕上がってます

一方こちらは?

上の画像では ニューサイランで線を作ってますが
線が少しでも入っていると
個性的なアレンジに仕上げやすいです。

ですので 個性的なシャープなデザインに
したければ線を入れるのも効果的な選択肢の
一つです。

線の種類を学ぼう

 

 

線の種類を決めることで
思うような作品の雰囲気に仕上げることが
出来ます。

 

線の種類はいろいろありますが
今日は2つだけご紹介します。

●曲線

●直線

 

 

曲線

曲線で作成したアレンジは
個性的な中に優しい雰囲気の
アレンジに仕上げることが出来ます。

 

 

直線

 

一方直線にすると

同じ花材を使用しているのに
直線と曲線にするだけで
雰囲気が全く違うの解りますよね。